都道府県別の日本酒

大分の日本酒ランキング

この記事では、大分の日本酒ランキングをご紹介します。実は歴史も古く1468年にはすでに酒が造られていました。古くから伝統ある日本酒造りがされている大分。

伝統を受け継ぎながら現在では、各種大会で優秀な成績を収めています。そんな歴史ある大分で造られている人気の地酒を10個厳選しました。

大分の地酒おすすめランキング

大分 日本酒

大分の名産といえば、ふぐやとり天、からあげなどの名産が有名です。海の幸のフグでは、「肝」が食べられる唯一の県です。豊富な自然と恵まれた土地柄でも当然ながら日本酒は造られています。歴史も古く、1468年には「豊後練貫酒(ぶんごねりぬきざけ)」が既に造られています。その後、江戸時代に有名になった「麻地酒(あさじざけ)」は、書物の甫庵太閤記や御伽草子の中にも描かれています。

由緒ある歴史を感じながら、伝統を受け継ぐ製法により造られている日本酒が現在も数多くあります。(参考:これぞ大分県名物&グルメ★地元民おすすめ10選 大日本観光新聞:大分の清酒の歩み 大分県酒造組合)

厳選された10品の人気ランキングです。ぜひ参考にしてみてください。

10位:丹誠(たんせい)

商品 酒蔵 感想・口コミ
丹誠酒類の丹誠 丹誠酒類 Amazon

伝統を受け継ぐ技術を基盤に、丹念にお酒造りをしています。お米の甘みが乗った味わいで、穏やかで優しい飲み心地で透明感があります。

9位:薫長(くんちょう)

商品 酒蔵 感想・口コミ
クンチョウ酒造の薫長 クンチョウ酒造 Amazon
楽天

手造りの酒づくりにこだわりを持ち、伝統をしっかりと守っています。程よく香るフルーティーな匂いが優しく広がっていきます。それでいて、しっかりとした旨味も感じることができアッサリ飲めるので「淡麗旨口」な味わいです。

8位:山水(さんすい)

商品 酒蔵 感想・口コミ
老松酒造の山水 老松酒造 Amazon
楽天

1789年に創業された伝統ある蔵元です。全国新酒鑑評会など各種大会でも様々な賞を受賞するなど既に実力は認められています。その味わいは、生き生きとした華やかなな香りとともに、まろやかな口当たりになっています。

7位:一の井手(いちのいで)

商品 酒蔵 感想・口コミ
久家本店の一の井手 久家本店 Amazon
楽天

1860年に創業された伝統ある蔵元です。淡麗辛口でスッキリとした味わいで、芳醇な香りも楽しむことができます。喉越しにもキレがあります。

6位:豊潤(ほうじゅん)

商品 酒蔵 感想・口コミ
小松酒造場の豊潤 小松酒造場 Amazon
楽天

果実のようなフワッとした香りを感じることができます。それでいて、さわやかなで軽やかな口当たりです。食中酒として、料理との相性は抜群です。

5位:八鹿(やつしか)

商品 酒蔵 感想・口コミ
八鹿酒造の八鹿 八鹿酒造 Amazon
楽天

1864年に創業された伝統ある蔵元です。全国新酒鑑評会では、金賞を6年連続受賞するなど高い評価を受けています。その味わいは瑞々しいフレッシュな果実のような香りともともに、あっさりとした軽やかな味わいになっています。

4位:千羽鶴(せんばづる)

商品 酒蔵 感想・口コミ
佐藤酒造の千羽鶴 佐藤酒造 Amazon
楽天

標高700メートルの寒冷な酒造りに適した場所に蔵元はあります。清冽な水を使用し、伝統的な槽搾り(ふなしぼり)で手作業により手間暇かけて造られています。しっかりととした調和の取れた味わいになっています。

3位:鷹来屋(たかきや)

商品 酒蔵 感想・口コミ
浜嶋酒造の鷹来屋 浜嶋酒造 Amazon
楽天

豊潤で旨味が乗った、まさに旨口という味わいです。ほのかに甘味も感じることができ、それでいてキレもあるのでスッキリと飲みやすくなっています。

2位:西の関(にしのせき)

商品 酒蔵 感想・口コミ
萱島酒造の西の関 萱島酒造 Amazon
楽天

1873年に創業された伝統ある蔵元です。地元に密着しており、また伝統的な手作業により酒造りが行われています。その味わいは、奥行きがありジューシーで、お米本来の旨味や甘味を感じることが出来ます。

1位:智恵美人(ちえびじん)

商品 酒蔵 感想・口コミ
中野酒造の智恵美人 中野酒造 Amazon
楽天

地下200メートルから湧き出る清らかな水を仕込みずとして使用しています。モンドセレクションで3年間連続金賞に輝くなど、その実力はお墨付きです。まろやかな口当たりで、酸味のバランスも抜群です。また、2018年7月にフランスで開催された大会で「ちえびじん 純米酒」がプレジデント賞を受賞しており、大分だけでなく、日本を代表する日本酒になっています。

大分の酒蔵一覧アクセスマップ