都道府県別の日本酒

佐賀の日本酒ランキング

佐賀の地酒おすすめランキング

佐賀 日本酒

「佐賀」という名前の由来は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が「栄えの国」と名付け、その後「栄えの都」となり「佐嘉郡」と呼ばれるようになったということです。つまり、「佐賀」というのは非常に歴史ある呼び名・言葉と言えます。吉野ヶ里歴史公園などの歴史跡地もあり観光地としてもオススメですが、日本酒のレベルも非常に高いです。佐賀県酒造組合が「佐賀県産地呼称管理制度」という、佐賀産地の米、水、だけではなく、クオリティーなども含めて審査して合格すると「認定」するなど、酒造組合をあげてのバックアップ体制も充実しています。
(参考:がばいうまか! 佐賀県に行くなら絶対食べたい”ご当地グルメランキング”TOP15  RETRIP:佐賀の歴史佐賀県産地呼称管理制度について SAGASAKE)

また、佐賀のグルメ・名産といえば「佐賀らーめん」「ごどうふ」「伊万里牛」「ブラックモンブラン」などが有名ですが、日本酒も美味しいものが揃っています。贈答やプレゼントにもおすすめしたい日本酒の厳選された10品の人気ランキングです。

1位:鍋島(なべしま)

商品 酒蔵 感想・口コミ
富久千代酒造の鍋島 富久千代酒造 Amazon
楽天

2011年にIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)の日本酒部門・大吟醸で一位になるなど、佐賀を代表する蔵元になりました。その味わいは、スッと優しくまろやかで、バランスの取れた抜群の存在感です。
(詳細:鍋島 香り高い極上の旨味と世界に認められた抜群のバランス感覚 佐賀

2位:七田(しちだ)

商品 酒蔵 感想・口コミ
天山酒造の七田 天山酒造 Amazon
楽天

1861年に創業された蔵元です。山から湧き出る水を蔵まで直接引いています。その清冽な水を使用して醸し出させるお酒は、フルーティで香り高く、すべるような滑らかな口当たりになっています。また、2017年10月にフランスで開かれた日本酒品評会で最優秀賞を受賞していて、欧州でも評価は高いです。

3位:東一(あづまいち)

商品 酒蔵 感想・口コミ
五町田酒造の東一 五町田酒造 Amazon
楽天

吟醸酒にこだわりを持っている蔵元です。近代の設備を取り入れる一方で、伝統も受け継いでいます。奥行きのあるジューシーな味わいで、スッキリとした喉越しになっています。

4位:天吹(あまぶき)

商品 酒蔵 感想・口コミ
天吹酒造の天吹 天吹酒造 Amazon
楽天

1688年に創業された伝統ある蔵元です。伝統の手作業により、花酵母を使用して酒造りをしています。その味わいは、芳醇でまろやかな口当たりになっています。甘口でフルーティーなお酒で女性に人気があります。

5位:前(さき)

商品 酒蔵 感想・口コミ
古伊万里酒造の前 古伊万里酒造 Amazon
楽天

小さな蔵元ですが、地元にしっかりと根付いています。丹念に手作業により、「箱麹造り」「木槽搾り」といった手間をかけ一本一本造られています。お米本来の旨味と程よい酸味を感じることが出来ます。

6位:東鶴(あずまつる)

商品 酒蔵 感想・口コミ
東鶴酒造の東鶴 東鶴酒造 Amazon
楽天

1830年に創業された蔵元です。芳醇なお米本来が持つ旨味が乗った味わいを感じつつも喉越しはスッキリと飲みやすくなっています。

7位:能古見(のごみ)

商品 酒蔵 感想・口コミ
馬場酒造場の能古見 馬場酒造場 Amazon
楽天

1795年に創業された伝統ある蔵元です。全商品のうち純米酒が7割を占めているので、オススメは純米酒。手作業で造られるお酒は「甘口」でやさしいコクのある味わいとなっています。

8位:天山(てんざん)

商品 酒蔵 感想・口コミ
天山酒造の天山 天山酒造 Amazon
楽天

フランスで開催された「KURA MASTER」で最高賞を受賞するなど、「天山酒造」の「七田」の別シリーズです。その実力は既に実証済みです。フワッとしたフルーティーな香りと共に、爽快感のある飲み心地で、後味もスッキリと切れ味があります。

9位:肥前蔵心(ひぜんくらごころ)

商品 酒蔵 感想・口コミ
矢野酒造の肥前蔵心 矢野酒造 楽天

200年以上の歴史がある蔵元です。オススメなのは、純米酒。程よく感じる吟醸香とともに、穏やかで優しいコクや旨味を感じることが出来ます。

10位:宮の松(みやのまつ)

商品 酒蔵 感想・口コミ
松尾酒造場の宮の松 松尾酒造場 Amazon
楽天

丁寧な手作業により酒造りが行われています。淡麗辛口な飲み心地で、品のある香りがフワッと広がっていきます。

佐賀県の酒蔵アクセスマップ一覧