都道府県別の日本酒

黒龍のリアルな口コミ|日本酒専門メディアが徹底解説!

福井県の幻の日本酒「黒龍」のリアルな評判や口コミをまとめました。幻の日本酒と言えば、山形県の「十四代」が挙げられることが多いですが、その「十四代」に匹敵するほどの希少価値があると言われるのが、この「黒龍」です。幻の日本酒と呼ばれる黒龍、どんな味なのか気になりますよね。まずは、実際に味わった人の口コミをチェックしてみましょう。今回は「黒龍」のリアルな感想を皆さんにご紹介していきます!
黒龍

黒龍(こくりゅう)ってどんな日本酒?基本情報

酒蔵 黒龍酒造株式会社
住所 福井県吉田郡永平寺町松岡春日1-38
創業年 1804年
酒蔵見学 ×

幻の日本酒、黒龍の蔵元は福井県にある「黒龍酒造」で造られています。黒龍酒造は1804年(文化元年)に初代石田屋二左衛門が創業した歴史ある蔵です。代々続く「良い酒を造る」というシンプルな理念を守り続けてきた歴史があり、また一方で、それぞれの時代に合わせて常に新たな変革を繰り返してきている酒蔵です。

黒龍という名前は、蔵の近くに流れている九頭竜川の古い名前、黒龍川に由来していると言われています。原価が高く高価格帯のため市販化が難しいとされていた「大吟醸」を全国に先駆けて商品化した酒蔵が黒龍酒造です。黒滝酒造は古来より「めでたいハレの日」に欠かせないものだった酒を、日本の伝統的な文化として守り続けるという思いで現代も酒造りを行っています。このように高品質な酒を丁寧に少量生産しているため、幻の酒と言われているのです。

黒龍の口コミ・評判

それでは、福井県の日本酒「黒龍」のリアルな評判をご紹介しますね?実際に飲んだ人の口コミをまとめました!皆さんが日本酒を選ぶときの参考にしてみてくださいね。

温度によって変わる味わい、どんな温度でも美味しいのが良い日本酒ですよね!

ワイングラスと黒龍、相性は抜群ではないでしょうか。もちろんデザートにも。

透き通るような甘みが良いですよね!!

黒龍のまとめ

今回は、福井県の地酒「黒龍」についてご紹介しました。調べた結果、ほとんどの口コミで「フルーティー」「スッキリとキレる」などと良い評価がされていました。悪い口コミはなく、かなり人気の高い日本酒です。大吟醸ブームの火付け役となった、丁寧な少数生産の幻の日本酒「黒龍」。ぜひ皆さんも、「黒龍」を飲んでみてくださいね!

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
ヤフーショッピングで詳細を見る