スポンサーリンク

小左衛門のリアルな口コミ|日本酒専門メディアが徹底解説!

スポンサーリンク

岐阜県の酒蔵で造られる日本酒「小左衛門」のリアルな評判や口コミをまとめました。ただまとめただけでなく、日本酒専門メディアの当サイトが小左衛門についても徹底解説します!岐阜といえば、豊かな山脈と川に恵まれ、水が美味しいというイメージを持っている人も多いですよね。そんな豊かな自然がある場所で造られた日本酒の評判はどうでしょうか?この日本酒を飲む前に、まずはリアルな口コミをチェックしてみましょう!

小左衛門

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小左衛門(こざえもん)ってどんな日本酒?基本情報

酒蔵中島醸造株式会社
住所岐阜県瑞浪市土岐町7181-1
創業年1702年
酒蔵見学

元禄15年(1702年)の創業以来、300年以上もこだわりの日本酒造りを受け継いできた岐阜の名酒「小左衛門」。国産米にこだわった酒造りは、濃厚な味わい・コク、キレを楽しむことができます。

中島醸造は、江戸時代中期に、現在の岐阜県南部である美濃で庄屋を務めていた初代・中島小左衛門が、年貢米を活かして酒造りを始めたことから歴史が始まりました。

以来、300年も歴史を重ねるなかで、平成の時代に入った1997年、中島醸造の方向性の変換がありました。それは、普通酒ではなく、純米酒や本醸造酒など精米歩合や原材料などによって異なる呼び方をする「特定名称酒」の生産割合を高めること。さらに、お酒を1年以上熟成させる古酒造りに着手しました。

挑戦し続ける酒蔵の中島醸造は2001年、新銘柄の「小左衛門」を立ち上げました。純米吟醸、純米大吟醸、三年古酒を中心に合計7種類の展開となり、今では季節ごとに、冬は「ブルーラベル」、秋の「ひやおろし」など様々な種類を醸造しています。桜やハロウィーンなど、季節のイベントにちなんだラベルも注目されています。

小左衛門の口コミ・評判

それでは、中島醸造の日本酒「小左衛門」のリアルな評判はどうなっているのでしょうか?実際に飲んでみた人の感想を調べてみました!みなさんが日本酒を選ぶときの参考にしてみてくださいね。

スッキリと旨味や苦みのバランスが絶妙な日本酒ですよね!

米の旨みが特徴です♪

ちょうどいい甘さで飲みやすいと評判です!

小左衛門のまとめ

今回は、岐阜県中島醸造の「小左衛門」についてご紹介しました。調べた結果、ほとんどの口コミで「ちょうどいい甘さ」「米の旨みが特徴」などと良い評価でした。冷やと燗、どちらで飲むのもオススメです!300年もの歴史を持ち、今でも新たな挑戦を続ける中島醸造の日本酒、ぜひ飲んでみてください。みなさんも、この記事を参考に「小左衛門」を楽しんでみてくださいね!

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました