都道府県別の日本酒

獺祭 純米大吟醸45ってどんな日本酒?|圧倒的なコスパ

獺祭(だっさい)純米大吟醸45データ詳細


<<旭酒造 獺祭 (だっさい) 純米大吟醸 磨き50>>

メーカー 旭酒造
種類 大吟醸
飲みやすさ フルーティー
オススメの飲み方 冷やして(10度~12度)、常温、ぬる燗
産地 山口県
原料米 山田錦
度数 16%
保存方法 冷蔵庫か冷暗所(新聞紙で包む)
保存期間 開封後は3日以内出来るだけ早めに
口コミ Amazonでレビューを見る

圧倒的なコストパフォーマンス

日本を代表する「日本酒」とまで言われるようになった「獺祭」。その中でも、山田錦を50%まで磨いて醸した純米大吟醸となっています。このお酒は、二割三分や三割九分を飲んだ時に「少しうまみが足りない」という風に感じた人にオススメとなっています。

このお酒は「磨き45」なので、二割三分のような「スン」とするような透明感のある味より更に「うまみ」を感じることが出来ます。人によってはこちらの「45」のほうが好き、という人も大勢います。磨き(精米)の程度によって、味は変化しますが、それが「美味しい」と感じるのは人それぞれです。

飲むときの用途によって、使い分けるのも良いです。大人数の飲み会やお話などで飲むときなどは、この純米大吟醸45でも十分過ぎるぐらいです。「獺祭」自体のコストパフォーマンスが高いことは知られていますが、この純米大吟醸45はその中でも更にお求めやすい価格設定になっています。自分用や夫婦での普段用飲みとしても楽しめます。

ただ、味のほうももちろん「大吟醸」で「獺祭」ブランドなので、その期待を裏切りません。

日本酒おすすめ人気ランキング2019
2019年に絶対に飲んでおきたい日本酒ランキングです。初心者の人にも分かりやすくまとめています。日本酒のランキングは、全国に1.500以上あ...

※【動画】取材の様子と社長が獺祭への想いを語っています↓