日本酒銘柄 あ行

赤磐雄町 「雄町」初心者にオススメの酒造り原点回帰の銘酒 岡山

絶滅寸前だった「雄町」を復活させた蔵元の伝統酒 日本酒を造るさいに、重要となってくるのは「酒米」。これは、日本酒の原料そのものです。この酒米は現在「山田錦」や「五百万石」などが有名ですが、その親系統として広く知られているのが「雄町」。この...
日本酒銘柄 ら行

冽 辛口好きが支持する芯のあるキレ味とシャープな喉越し 山形

冽(れつ)辛口で安くて美味しい日本酒を探しているならもう迷わずに済む 創業すでに400年を超える小嶋総本店が自信を持ってお届けする「冽」。この蔵元は、かの有名な「上杉家」御用達の酒屋で、江戸時代には、飢饉(ききん)のつど「禁酒令」が出され...
日本酒銘柄 わ行

綿屋 酒米の質の高さと食べ物との相性は圧倒的 宮城

味は、「綿(わた)」という名前からイメージできるように、軽さを感じながらもしっかりとしたコク、米の旨味を味わうことが出来ます。さらに、スッキリした喉越しで、そのバランスの良さには驚かされます。
日本酒銘柄 ら行

るみ子の酒 爆発する「活性酵母」と燗上がりする純米酒 三重県

日本酒好きの人なら一度は見かけたことがある、「ユニークな漫画タッチのラベル」。当然ながら、味のほうもたしかです。年間の生産量が200石程度なのですが、造っているお酒はすべて純米酒で蓋麹法です。
日本酒イベント取材

横浜高島屋・日本酒祭「山形正宗」「獺祭」イベントレポート

横浜で700銘柄が集まる日本酒のイベントがあるということで、早速、日曜日に会場へ行って。私が会場に着いたのが11時半ぐらいでした。すでに大勢の人でにぎわっていました。
日本酒銘柄 や行

山形正宗「美味しいお酒を造る」最高級素材へのこだわり 山形県

純米造りだけで、銘柄が揃えられています。そこには「最高の素材でシンプルに美味しいお酒を造る」という想いが見えてきます。シンプルに、美味しく。
日本酒銘柄 ま行

杜の蔵「伝統こだわりの純米酒」自分たち造り手が飲みたいお酒をつくる 福岡

杜の蔵が操業したのは、1898年。伝統ある蔵元が大事にしているのが「水・米・人」。この想いから伝統酒である「純米酒」が造られています。この純米酒は「自分たち造り手が飲みたいお酒」として造られています。
日本酒銘柄 は行

鳳凰美田 女性に大人気の栃木を代表する銘酒!果実の香りとクリアな味わい

彼女や奥さん、または飲み会などで「女性が好きそうな」日本酒を飲ませてあげたい。そんな時、真っ先におすすめするのがこの「鳳凰美田」です。
日本酒銘柄 な行

南部美人「純米吟醸」お米の旨味とまろやかですっきりとした上品な味わい 岩手

南部美人はIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)SAKE部門の純米酒で2年連続で賞を受賞するなど、海外でも高い評価を受けています。また、その酒造りのこだわりは地元を強く意識しています。
日本酒銘柄 た行

田酒 純米酒好きにおすすめ 確かな旨味に雑味のないクリアな味 青森

純米酒の中で、どの種類のお酒がオススメか?という時に、真っ先に頭に思い浮かぶのがこの「田酒 特別純米酒」という人も多いのではないかと思います。
日本酒銘柄 か行

ほまれ「極」本格派の純米大吟醸を日本酒が初めての方にオススメのコスパ良し!福島

まず、日本酒を初めて飲むという方が「純米大吟醸」を飲んだことがない、という人がいたら圧倒的にこのほまれ酒造の「ほまれ 極 純米大吟醸」をオススメします。
日本酒銘柄 か行

久保田・萬壽は「コストパフォーマンスが圧倒的」贈答用オススメN0.1 新潟

日本酒のことを知らない人でも一度は耳にしたことがあるでしょう。その理由は、「美味しい」ということに尽きます。もう一つ大事なのは「コストパフォーマンスが抜群に高い」ということ。
日本酒銘柄 わ行

渡舟 希少な酒米「渡船」が復活 バランスの良さは絶品 茨城

実際に飲んでみると、芳醇でフルーティーな味わいでスッキリと入っていきます。少しの酸味も感じることができるので、本当にバランスの良い濃酵でもあるお酒になっています。
日本酒銘柄 ら行

龍勢 江戸時代からの伝統「純米酒」料理と相性抜群 広島

広島県で、江戸時代から続く伝統の日本酒です。その味は、濃酵で旨味があります。きりっとした酸味も感じることができます。さらに、まろやかな口当たりと、後味も良いです。料理との相性も抜群です。
日本酒銘柄 や行

吉野杉の樽酒 「ぬる燗」で楽しむ杉の芳香 奈良の伝統酒

味の方は、まずは鼻を近づけると「フワッと」した杉の芳醇な香りがします。さらに、そのまま口に含むと濃酵で旨みがしっかりとあります。そしてキレも感じることができ、喉越しはすっきりとしている印象です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました